金曜日, 4月 12, 2024

リップルの最高法務責任者が慎重な暗号通貨規制を提唱 - 政策立案への政治介入の終結を求める

リップル社の最高法務責任者スチュアート・アルデロティ氏は、米国が仮想通貨規制の分野で政治的配慮よりも健全な政策を優先すべきだと説得力のある主張を展開した。アルデロティ氏は、シンガポール、英国、欧州連合、日本など米国以外の国や地域が仮想通貨ビジネスを歓迎しており、合理的な規制枠組みの必要性を強調していると指摘した。さらに、米国の一部の規制機関は、適切な政策成果の達成に努力を向けるよりも、技術の支配権をめぐる争いに気をとられているようだと強調した。

アルデロティ氏は木曜日の声明で、この件に関する自身の見解を述べた。

「米国のよく考えられた政策を犠牲にして政治的動機を優先するのをやめることが急務です。代わりに、包括的な規制の枠組みとライセンス手続きが確立されているシンガポール、英国、EU、ドバイなどの管轄区域からヒントを得るべきです。これらの地域で暗号通貨のイノベーションが盛んになっているのは驚くことではありません。」

アルデロティ氏はCNBCで、シンガポール、英国、EU、ドバイ、ブラジル、オーストラリア、日本など米国以外のさまざまな国が採用している仮想通貨規制への合理的なアプローチを強調して、詳細を語った。同氏は、これらの国が規制の枠組みを制定したのは、イノベーションを阻害するためではなく、強固な規制監督の範囲内で仮想通貨開発の明確な道筋を提供するためだと強調した。

「対照的に、米国は賢明な政策立案よりも政治と権力闘争を優先することで道を見失ってしまった。米国の一部の政府機関は、イノベーションを促進する代わりに、規制の綱引きに巻き込まれ、効果的な政策を策定するという本質的な目標から注意をそらしているようだ。」

アルデロティ氏はまた、XRPをめぐるリップル社と米国証券取引委員会(SEC)との法廷闘争にも注目した。リップル社は法廷でSECに対して部分的な勝利を収めたが、こうした問題をトークンごと、あるいはケースごとに解決するのは賢明ではないと指摘。むしろ、仮想通貨業界の成長と発展を導く合理的かつ包括的な規制枠組みが緊急に必要だと強調した。

ゲイリー・ゲンスラー委員長率いるSECは、仮想通貨規制に対する訴訟中心のアプローチを批判されている。ゲンスラー委員長は、仮想通貨業界における詐欺、濫用、不正行為について一貫して懸念を表明している。ウォーレン・デイビッドソン下院議員を含む一部の米国議員は、SECが仮想通貨セクターを効果的に監督できるかどうか疑問視しており、SECのリーダーシップの改革を求める声が上がっている。

ここで疑問が生じます。あなたはリップル社の最高法務責任者の意見に賛成しますか? 下のコメント欄であなたの考えを共有してください。

SEC 暗号通貨規制に関するよくある質問 (FAQ)

リップル社の最高法務責任者、スチュアート・アルデロティ氏が伝えた主なメッセージは何ですか?

スチュアート・アルデロティ氏は、米国が暗号通貨規制において政治的配慮よりも健全な政策を優先する必要性を強調している。同氏は、他の国や地域では暗号通貨の合理的な規制枠組みが確立され、イノベーションが促進されている一方、米国は効果的な政策立案に注力するよりも規制紛争に巻き込まれているようだと指摘している。

スチュアート・アルデロティ氏は、どの国や地域を合理的な暗号通貨規制の例として挙げているのでしょうか?

アルデロティ氏は、仮想通貨に対する合理的な規制枠組みを備えた地域の例として、シンガポール、英国、欧州連合、ドバイ、ブラジル、オーストラリア、日本を挙げています。これらの管轄区域は、強力な規制監督の下で仮想通貨のイノベーションに明確な道筋を示しています。

米国の暗号通貨規制に対するアプローチに関する懸念は何ですか?

懸念されるのは、米国では政治と権力闘争が賢明な仮想通貨政策の策定を妨げていることだ。規制当局は、効果的な規制措置を策定することよりも、技術の支配権をめぐる競争に重点を置いているようだ。

スチュアート・アルデロティはリップル社と SEC の間のどのような法廷闘争について言及していますか?

スチュアート・アルデロティ氏は、XRP をめぐるリップル社と米国証券取引委員会 (SEC) との法廷闘争について言及しています。リップル社は法廷で部分的な勝利を収めましたが、アルデロティ氏は、トークンごと、またはケースごとにこのような問題を解決するのは理想的ではないと強調しています。同氏は、合理的で包括的な規制枠組みを早急に構築することを提唱しています。

ゲイリー・ゲンスラー委員長率いるSECは、暗号通貨規制への取り組みに関してどのような批判に直面してきましたか?

SECは、ゲイリー・ゲンスラー委員長率いるが、仮想通貨規制に対する訴訟重視のアプローチを批判されている。ゲンスラー委員長は、仮想通貨業界における詐欺、濫用、不正行為について繰り返し懸念を表明している。ウォーレン・デイビッドソン下院議員を含む一部の米国議員は、SECによる仮想通貨セクターの監督の有効性に疑問を呈しており、SECの指導部内で改革を求める声が上がっている。

暗号通貨規制の詳細

フォローしてください

ニュースレター

ニュースレターを購読して、新しいブログ投稿、ヒント、新しい写真を入手してください。最新情報を入手しましょう!

コメントを残す

* このフォームを使用すると、この Web サイトによるデータの保管と取り扱いに同意したことになります。

フォローする

クリプトケントップ

CrypTokenTop は、仮想通貨の世界に関する包括的な情報と分析を提供することに特化した Web サイトです。ビットコイン、イーサリアム、NFT、ICO、およびその他の人気のある暗号トピックなどのトピックを取り上げます。私たちの使命は、人々が暗号空間についてもっと学び、投資について十分な情報に基づいた決定を下せるようにすることです.初心者にも経験豊富なユーザーにも同様に詳細な記事、分析、レビューを提供しているため、誰もが進化し続ける暗号通貨の世界を最大限に活用できます。

© 2023 無断複写・転載を禁じます。暗号トークントップ

ja日本語