2024年5月24日(金)

リップル社の最高経営責任者は、リップル社が米国証券取引委員会(SEC)に勝利した後も、米国政府は仮想通貨に対して敵対的な態度を維持していると表明した。同氏は、この継続的な姿勢が米国の銀行による仮想通貨分野への大きな関与を妨げていると警告した。しかし、同氏は、米国が仮想通貨業界のリーダーとして台頭する可能性については依然として楽観的だが、この役割を担うのが遅れていることが、成長と起業家的ベンチャーに熱心な他の市場に利益をもたらしていると警告している。

仮想通貨に対する米国の立場

DC Fintech Week カンファレンスに出席した際、リップル CEO のブラッド・ガーリングハウス氏は、仮想通貨に対する米国政府のアプローチについて語った。 SECとの一連の法的対立におけるリップル社の成功を受けて、同氏は、米国の銀行が仮想通貨を完全に受け入れることに依然として躊躇していることを強調した。

ガーリングハウス氏は、リップル社の法的勝利にも関わらず、政府、特に通貨監督庁の仮想通貨に対する歓迎されない姿勢のため、米国の金融機関は依然として警戒していると強調した。同氏によれば、これはこれらの銀行による有意義な関与にとって大きな障壁となっているという。

同氏は、ゲイリー・ゲンスラー委員長の下、SECが明確な規制枠組みの確立に重点を置いているのではなく、政治的動機に基づいていることを示唆し、仮想通貨規制に対するSECのアプローチを批判した。これが米国の仮想通貨産業の進歩を遅らせていると彼は主張する

ゲンスラー氏は、仮想通貨業界における詐欺、悪用、違法行為の蔓延を理由に、自身の厳格な規制戦略を擁護した。同氏は、この分野で活動する者にとって法律の遵守は交渉の余地のないものだと主張する。

ガーリングハウス氏は他国との対照を強調し、英国のような国はより単純な規制環境で仮想通貨企業や投資を積極的に誘致していると指摘した。同氏は、米国が迅速に適応しないことで、仮想通貨市場における初期の優位性を危うくしていると警告した。

ガーリングハウス氏は課題を認めながらも、米国が仮想通貨の分野で主導権を握る可能性に期待を抱いている。同氏は、他の市場が起業家や成長の機会を積極的に求めているため、その機会は減少しているとはいえ、まだチャンスはあると信じている。

リップルCEOのブラッド・ガーリングハウス氏の見解についてどう思いますか?以下のコメントセクションでご意見をお聞かせください。

リップル SEC ビクトリーに関するよくある質問 (FAQ)

リップルCEOのブラッド・ガーリングハウス氏は、仮想通貨に対する米国政府の姿勢についてどう考えていますか?

リップル社の最高経営責任者(CEO)ブラッド・ガーリングハウス氏は、リップル社がSECに対して法的に勝利したにもかかわらず、米国政府は依然として仮想通貨に対して敵対的であり、その姿勢が米国の銀行による仮想通貨分野への大きな関与を妨げていると考えていると主張した。

米国政府の姿勢は米国の銀行の仮想通貨への関与にどのような影響を与えましたか?

リップルのCEOによると、仮想通貨に対する米国政府、特に通貨監督庁の継続的な敵意により、米国の銀行は慎重なアプローチをとり、仮想通貨市場への有意義な関与が妨げられているという。

リップルの CEO は、暗号通貨規制に対する SEC のアプローチに対してどのような批判を持っていましたか?

リップルの最高経営責任者(CEO)は、仮想通貨規制に対するSECのアプローチを批判し、それが明確で一貫した規制政策の確立に基づくものではなく、政治主導によるものであることを示唆し、それによって米国の仮想通貨業界の進歩を遅らせていると示唆した。

仮想通貨の規制に関して、米国は他国とどのように比較されますか?

米国は、より明確な規制で仮想通貨セクターへの企業や投資を歓迎している英国などの他の国と比較して、仮想通貨に対してより敵対的な姿勢をとっていると認識されている。この矛盾により、米国は世界の仮想通貨市場での初期のリードを失う危険にさらされていると見られています。

リップルのCEOは米国が依然として仮想通貨分野でリードできると信じているのだろうか?

はい、ブラッド・ガーリングハウス氏は、米国には仮想通貨分野のリーダーになるチャンスがまだあると信じています。しかし、より歓迎的で明確な規制アプローチの導入が遅れていることが、起業家や仮想通貨業界の成長に積極的に好意を寄せている他の市場に利益をもたらしていると同氏は警告する。

リップル SEC ビクトリーの詳細

  • リップル社がSECに対して法的勝利
  • 米国政府と仮想通貨
  • 暗号通貨規制に関するブラッド・ガーリングハウスの見解
  • 暗号通貨に対する SEC のアプローチ
  • 世界の仮想通貨規制の比較
  • 米国の銀行と仮想通貨への取り組み
  • 暗号通貨監督局

フォローしてください

ニュースレター

ニュースレターを購読して、新しいブログ投稿、ヒント、新しい写真を入手してください。最新情報を入手しましょう!

4 コメント

クリプトファン101 11月 12, 2023 - 3:15 pm

うわー、ガーリングハウスは本当に的を射ていた。米国は仮想通貨の波に完全に乗り遅れている。他の国もそれに乗り出している。

返事
レギュレーションウォッチャー 11月 12, 2023 - 9:31 pm

これは典型的なことで、米国は新しいテクノロジーに関してはいつも遅れます。90 年代にインターネット規制をどのように扱ったかを見てください…

返事
懐疑的なトレーダー 11月 13, 2023 - 5:52 am

これをすべて買うかどうかはわかりませんが、リップルの勝利は暗号通貨のすべてがバラ色であることを意味するものではなく、まだ多くの問題があります。

返事
バンキングインサイダー 11月 13, 2023 - 10:27 am

銀行業界に携わる者として、政府が事態を解決するまでは誰も仮想通貨に触れようとはしない、ためらいは本物だと言えます。

返事

コメントを残す

* このフォームを使用すると、この Web サイトによるデータの保管と取り扱いに同意したことになります。

フォローする

クリプトケントップ

CrypTokenTop は、仮想通貨の世界に関する包括的な情報と分析を提供することに特化した Web サイトです。ビットコイン、イーサリアム、NFT、ICO、およびその他の人気のある暗号トピックなどのトピックを取り上げます。私たちの使命は、人々が暗号空間についてもっと学び、投資について十分な情報に基づいた決定を下せるようにすることです.初心者にも経験豊富なユーザーにも同様に詳細な記事、分析、レビューを提供しているため、誰もが進化し続ける暗号通貨の世界を最大限に活用できます。

© 2023 無断複写・転載を禁じます。暗号トークントップ

ja日本語