2024年5月24日(金)

イーサリアム レイヤー 2 (L2) ソリューションの動的な領域では、Blast という名前の最近の追加機能が、暗号通貨コミュニティ内で重要な議論を引き起こしました。 Blast の原動力となっているのは、Blur として知られる非代替トークン (NFT) 市場への貢献でよく知られている Pacman です。 Blast は多額の資金と注目を集めている一方で、厳しい監視にもさらされています。特に、このプロジェクトの著名な投資家であるパラダイムは、ブラスト立ち上げの戦略と実行について懸念を表明しており、パラダイムの研究責任者であるダン・ロビンソンとプラットフォームの背後にあるアーキテクトであるパックマンの間で活発な意見の交換が行われました。

Blast の立ち上げに関する Paradigm の視点

イーサリアム L2 プラットフォーム ブラストへの重要な投資家であるパラダイムの代表であるダン・ロビンソン氏は、最近ソーシャル メディア プラットフォーム X を通じてプロジェクトの立ち上げについての考えを表明しました。ロビンソン氏は、立ち上げに関連する具体的な問題点を正確に指摘し、特に、2018 年に先立ってブリッジを導入する決定を強調しました。 L2 と 3 か月の出金制限の課せられます。

ロビンソン氏は自身の見解を明確に述べ、次のように述べた。例えば、我々は、L2 より前に橋を開通させるという決定と 3 ヶ月間の撤退制限には反対します。これは他のプロジェクトにとって不利な前例となると考えているからです。さらに、マーケティング活動の多くが、専任チームによる実質的な作業を台無しにしていると私たちは感じています。」

こうした留保にもかかわらず、ロビンソン氏は、Namebase や Blur などの以前の取り組みを含む、チームの素晴らしい実績を認めました。同氏は「長年にわたり優れた製品を開発する一貫した能力により、私たちはパックマンと彼の共同創設者を支援した」と断言した。ロビンソン氏はまた、NFT担保融資プロトコル「Blend」におけるチームとの共同作業にも光を当て、彼らの技術的能力とL2チェーンを通じてBlurを拡張するビジョンを強調した。

ロビンソン氏は、仮想通貨エコシステム内での投資における役割に対するパラダイムの取り組みを強調し、その責任を強調した。同氏は、Blast チームとの継続的な対話と、強力で独立した創業者をサポートするという彼らの揺るぎない取り組みについて言及しました。 「私たちは、常に目を合わせられるとは限らない、手ごわい独立した創業者に投資しています。ただし、人々が暗号通貨分野のベストプラクティスに関するガイダンスを求めている可能性があることを私たちは認識しています。私たちはそのような戦術を支持せず、エコシステムにおける私たちの役割を真剣に受け止めています」とロビンソン氏は宣言した。

パックマンの反論

Blast がネズミ講である可能性があるという主張に対して、プラットフォームの推進力である Pacman は、収益メカニズムの解明を提供しました。同氏は、利回りがLidoやMakerdaoなどの信頼できる情報源から出ているものであることを明らかにし、「Blastが提供する利回りは真実であるには良すぎるように思えるかもしれないので、懐疑的な見方がある。しかし、はっきり言って、Blast が提供する収益は当初 Lido と Makerdao に由来しています。」

パックマンはまた、パラダイムがブラストの市場開拓(GTM)戦略に関与しているという主張を否定し、アプローチの自主性を強調した。 「パラダイムはブラストの GTM にはまったく関与していませんでした。率直に言って、もし彼らが関与していたら、彼らはおそらくブラストの立ち上げに大幅な変更を推奨していただろう」と彼は説明した。同氏はパラダイムの技術設計の熟練度とイーサリアムの開発への貢献を強調した。

Blast の招待報酬システムに関する批判に対処し、パックマンはこのアプローチが堅牢なコミュニティを育成するために不可欠であると擁護した。同氏は、こうした仕組みは目新しいものではなく、プラットフォームの成長において極めて重要な役割を果たしていると主張した。 「友達を招待して Blast を L2 の繁栄に積極的に貢献するユーザーは、目に見える価値を提供しているので、正当に報われるべきです。これが招待特典の存在の背後にある理論的根拠です」とパックマン氏は結論付けました。

これらの観点を踏まえると、仮想通貨コミュニティは、Blast の立ち上げ戦略と、Paradigm と Pacman の異なる意見に関して活発な議論を行っていることがわかります。この会話が展開されるにつれて、関係者や観察者は、以下のコメントセクションでこの主題に関する考えや洞察を共有することが奨励されます。

仮想通貨の立ち上げに関する議論に関するよくある質問 (FAQ)

Q: Blast の立ち上げ戦略に関して Paradigm が提起した主な懸念は何ですか?

A: パラダイムは、L2 より前に橋を開設するというブラストの決定、3 か月の出金制限の課せ、およびマーケティング戦略の特定の側面について懸念を表明しました。彼らは、これらの決定が他のプロジェクトに悪い前例を作り、チームの仕事の信頼性を損なう可能性があると考えています。

Q: Paradigm の Dan Robinson は Blast のチームをどのように見ていますか?

A: Dan Robinson は、Namebase や Blur などの以前のプロジェクトの成功を挙げて、Blast チームの実績を認めています。彼は、L2 チェーンを通じて Blur を拡張するという彼らの技術的専門知識とビジョンを強調します。

Q: ブラストがネズミ講である可能性があるという疑惑に対するパックマンの反応は何ですか?

A: パックマンは、Blast の利回りが Lido や Makerdao などの信頼できる情報源から来ていることを明らかにし、ネズミ講であるという主張に反論しています。同氏は、利回りは真実というには良すぎるように思えるかもしれないが、正当な情報源に基づいていると説明する。

Q: ブラストの市場開拓戦略へのパラダイムの関与について、パックマンの立場はどうですか?

A: パックマンは、パラダイムがブラストの市場開拓戦略に関与していないと主張しています。同氏は、もしパラダイムが関与していたら、打ち上げアプローチに大幅な変更を推奨していたかもしれないと示唆している。

Q: パックマンがブラストの招待報酬システムを擁護するのはなぜですか?

A: パックマンは、Blast を中心に強固なコミュニティを構築するには招待報酬が不可欠であると主張しています。彼は、友人を招待することでプラットフォームの成長に貢献したユーザーは、その努力に対して報われるべきだと信じています。

仮想通貨ローンチに関する議論の詳細

  • パラダイム
  • イーサリアム L2
  • [ブラスト](利用可能な場合はリンクを挿入)
  • [NFT マーケットプレイス Blur](利用可能な場合はリンクを挿入)
  • [ネームベース](利用可能な場合はリンクを挿入)
  • [Lido](利用可能な場合はリンクを挿入)
  • [Makerdao](利用可能な場合はリンクを挿入)
  • [暗号コミュニティのディスカッション](利用可能な場合はリンクを挿入)

フォローしてください

ニュースレター

ニュースレターを購読して、新しいブログ投稿、ヒント、新しい写真を入手してください。最新情報を入手しましょう!

4 コメント

ブロックチェーンファナティック 11月 28, 2023 - 7:28 pm

報酬を招待する、そう、仮想通貨ではよくあることですが、ユーザーに友達を連れてくるよう奨励するのは、まさに賢明な成長戦略です。

返事
TechGeek4Life 11月 28, 2023 - 8:27 pm

ブラストの利回りに関するパックマンの説明は良いですが、それでも自分で調査する必要があります。暗号は難しい場合があります。

返事
インベスタープロ101 11月 28, 2023 - 8:56 pm

ダン・ロビンソンの慎重なアプローチは賞賛に値しますが、チームの実績を忘れてはなりません。それは確実に考慮すべき要素です。

返事
クリプトエンスージアスト23 11月 29, 2023 - 2:23 am

パラダイムの見解は理にかなっていて、彼らはブラストの立ち上げに関して正当な指摘をしていますが、パックマンにもいくつかの正当な議論があります。これはある種の深刻な暗号ドラマです!

返事

コメントを残す

* このフォームを使用すると、この Web サイトによるデータの保管と取り扱いに同意したことになります。

フォローする

クリプトケントップ

CrypTokenTop は、仮想通貨の世界に関する包括的な情報と分析を提供することに特化した Web サイトです。ビットコイン、イーサリアム、NFT、ICO、およびその他の人気のある暗号トピックなどのトピックを取り上げます。私たちの使命は、人々が暗号空間についてもっと学び、投資について十分な情報に基づいた決定を下せるようにすることです.初心者にも経験豊富なユーザーにも同様に詳細な記事、分析、レビューを提供しているため、誰もが進化し続ける暗号通貨の世界を最大限に活用できます。

© 2023 無断複写・転載を禁じます。暗号トークントップ

ja日本語